30代に入ってお金がなくて困った時の事

30歳になったばかりの頃に勤めていた会社が倒産しました。
この頃はまだ全然貯金がなかったけども実家暮らしだったので、家賃を滞納することはなかったのですが、遊ぶ金が無くなってしまったしケータイ代も払えなくなったので、次の仕事が見つかるまでは母親に頼んでケータイ代を払ってもらうことになりました。
その当時車も持ってましたが丁度タイミング悪く車検も近くて車検代を払うお金などなかったので、仕方なく車を手放すことに。
車のない生活には以外とすぐに慣れてきたし車は金食い虫なので逆に無くて良かったかなってすぐに思えたので結果的には良かったですが、収入はないままです。
このブログで紹介されていた>>お金のない時を乗り越える方法でなんとかしのいでいましたが、相変わらず無職のままでした。
そんな無職生活が3ヶ月続いた時にパソコンは持っていてネットもできる環境だったので、何かパソコンでできる仕事はないかな?って探していたところ姉にある仕事を勧められました。
それはメールレディーの仕事です。
でも私は男性なのでそのままだとこの仕事はできないわけですので姉の名義と姉の免許証と姉の使ってない銀行口座を借りてこのメールレディーの仕事をやらせてもらいました。
最初の数ヶ月はなかなかコツが掴めなくて月3000円程度しか稼げなかったですが、段々とコツが掴めてきた最高で月収は56万円ほど稼げたことがあります。
この時は今まで稼いだことがない大金を稼げたので気を大きくなって散財してしまいました。
貯金なども相変わらずしなかったですが、このメールレディーの仕事はおよそ2年くらいは続けたんです。
この時の事を思い返すと、なかなか貴重な経験ができたなと思うとともにもう繰り返したくはないです。