私は乾燥肌?乾燥肌ってどんな状態のことか検証

「肌が乾燥している気がするけど、自分が乾燥肌なのかどうか分からない」という人もいるかと思います。
乾燥肌とは、具体的には「角質」の水分含有量が減っている状態のこと。
肌の角質の水分含有量が減ってしまう原因には、
・皮脂の分泌量が減る
・角質細胞間脂質が減る
などがあげられます。
肌は水分がたっぷり含まれているのが正常な状態で、本来はこの角質部分が「バリア」の働きをすることで、肌の水分が保たれているんです。
これを「バリア機能」と言うんですね。
このバリア機能がうまく働かなくなると、肌の水分が保てなくなってカサカサと乾燥してしまうのです。
健康で美しい肌というのは、肌の表面を水分と脂質がほどよく交ざり合った「膜」でおおわれている状態。この膜のおかげで過度に乾燥しないようになっているんです。
このように、乾燥から肌を守っている膜のことを「皮脂膜」と呼びます。
いわゆる「乾燥肌」というのは、この皮脂膜がない・少ない状態なんですね。
乾燥肌になることで肌の表面がカサカサになってヒビ割れたり小じわができやすくなります。
ひどくなると、肌から粉が吹いたようになるというのも乾燥肌の症状です。
このような状態になると、肌がきれいに見えないだけでなく、メイクのノリも悪くなってしまいます。
乾燥肌かどうか判断するには、洗顔後の肌に注目。洗顔後にもし肌がつっぱる感覚がある場合は、乾燥肌になっていると思っていいかもしれません。
もし乾燥肌になっているなと感じたら早めの対策がベスト。適切なスキンケアをすることで改善できますから、ひどくならないうちに対処するようにしましょう。
おすすめはミチウルのようなヘパリン類似物質を含んだ薬用のクリームです。ミチウルの効果を参考にしてみてください。