海外のサイダーは別物です。

日本で「サイダー」といえば、甘い炭酸水のジュースですよね。これをベースにして、フルーツなどのフレーバーを加えたフルーツサイダーなるものも数多く存在します。これをイメージして海外で安易にサイダーを注文すると、想像とはかけ離れたものが出てくるので要注意です!
結論から言うと、海外の多くの国では、サイダーといえば発泡性のあるリンゴ酒のことです。りんご酒ですので、アルコール飲料の事を指しています。例えばイギリスやスペインなど、ヨーロッパの多くの国では、ビールのような琥珀色をしているものに、アルコールが加わっているものをサイダーと呼びます。また、ドイツやフランスなどでは、琥珀色をしていますが、炭酸は入っていません。ですが、アルコールは入っていますので、炭酸水ジュースをサイダーと思っている日本人には想像も出来ないドリンクが出てくるのです。
アメリカやカナダなどでは日本と同じようなサイダーが一般的です。ですが、味はサイダーですがアルコールが入っているのでハードサイダーと呼ばれています。アルコールなしの場合はソフトドリンクと言います。ヨーロッパだけでなく、アジアでもほとんどの国ではサイダーはアルコールです。日本と韓国だけが甘いジュースなのです。