市販のPCは追加できる性能にも限界があります。不安があるならどうするべきか

PCは一般的に市販されている製品を購入することがばかりが注目されています。
市販PCというのは、
家電量販で販売されているもの。
スペック表があり店員さんが見ながら説明しれくるので初めて買う人でもあまり苦になることもありません。
しかしある程度PCを利用していると性能がイマイチなことにきがついたり不満がでてくるもの。
昨今は値段的にもかなり抑えられ、安いものでは2万~購入できるので悩むこともありません。
安かろうよかろうというのはPCには適用されないと思っています。
また市販の製品はあまり使わないソフトが多くインストールされる傾向があります。
そうライセンスが多くが含まれているので、本体代金も金額が上昇してしてしまうのことため。
ライセンスというのはソフトの使用許諾みたいものも。
ライセンスがないと自身のPCで使うために必要なんです。
ソフトが多くインストールされているとメモリーが多く費やされてしまい起動や動きが重くなってしまいます。
そのためムダなくPCを利用するならカスタマイズがされたPCがオススメです。
またPCをカスタマイズする際は、
PCの能力
メモリーの量
ハードディスクの大きさ
大体このような点を目安に選ぶことでよりよいものが選択できるはずです。
また部品同士の相性などもありはじめてだと全部選ぶ必要があるのか心配になりますが、市販の既製品はそこまで配慮されたうえで販売されています。
PCはどんなに最新にしても日々進化するのでほどほどの性能で順次バージョンアップさせることが大切だと思います。
また作業をらくにするなら液晶モニターを大きくしたり4Kサイズを選ぶとより作業が捗るかもしれません。
4Kというのは1920×1020の4倍サイズ。
つまり4Kモニター1枚で4枚分の作業領域が確保できるわけ。
teamsというアプリのアンインストール方法について悩んでいる方が多いようです。
microsoft teams アンインストール
こちらをみれば簡単に削除できるはず。