切手相場情報をざっくりまとめてみました

出来る限り高額での切手買取を目指すなら、売る業者を選ぶとき、金券ショップを選ぶのではなく、専門の買取鑑定士を選択するということが、大事になってきます。選択の際、注目すべき点は、インターネットで口コミを検索し、評判のいいお店を何カ所かセレクトし、個々の業者へ査定を申し込み、評価額が高かった業者へ決めるというプロセスを踏むのがお勧めです。
記念日があった時に「記念切手」として出されたりと、珍しい切手は発売時期によって一枚一枚の市場に出回る量も大きく上下することがあります。
そうなることによってかなり買い取りプライスも変化しますので可能な限り高値での買取を目指すなら、切手買取依頼の時期も関わってきます。
額面以上の価格で売れる珍しい切手は、手元に置くより現金化したいとしたら現状が良いか悪いかで買い取り価格に大きく差が出るのは確かです。
このことを考えると、現状のまま有利に交渉して手持ちの切手を買い取ってもらおうとすればどのように保管していけば一番いいか、売る時のことを考え、気を遣ってください。
珍しい切手を売却する時、店に直接持ち込む方法と、ネットを通して可能な方法というものもあるのです。
店に直接出向く場合、時間や手間がかかってしまいますがすぐに売れるという利点があります。
ですが、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですからできるだけ高価格で売りたければ、インターネットを利用することをお勧めします。
往々にして、珍しい切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、使用後は特に要らなくなるものです。
けれども、そんな使った後の切手でも、デザインや希少性から価値のあるものとして認められたときには高価買取してもらえる場合もあります。
もしも手元にある古珍しい切手のバリューが自分では分かりかねるというのなら買取の鑑定士に古い切手のバリューを見てもらいましょう。
毎年、梅雨の時期にはカビが気になります。
幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、たくさんの種類の切手アルバムを何冊か見つけ出しました。
見た目では傷みはありませんが、この状態で自宅で保存していても質が落ちることが懸念されます。近いうちに買取に出したとしても許してもらえるタイミングになったのでしょうか。父の長年のコレクションだった切手帳が残っているのですが、うちに置いておくより、処分した方がいいと思います。
一枚単位の切手も多いため全てまとめて売却できれば一番いいのかなと思っています。
保管コンディションはいいと思いますので父が好きだった珍しい切手を、欲しいと思う方に譲れれば嬉しいです。
今さらのように、こんなきれいな切手を集めていたのかと思います。
使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換するのがおすすめです。
買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるようにシート単位で引き換えることを意識して葉書を持ち込んでください。
そして、売るときには、買い取る店ごとに買取価格が異なることを頭に置いて、がんばって何軒かの業者に見積をしてもらい、買取価格が一番高かったところで売れば申し分ありません。多くの切手買取業者では「プレミア切手」という名前の切手も買い取りされています。
それでは、プレミア切手とは何かというと、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。
とてもレアなものなのでたとえシートでなくバラだったとしても高価格での買取になる可能性もないとは言えません。
長年、切手のコレクションを続けている人にとって、業者に売りに出すのは、自分の子との離別のような感情になってしまうかもしれません。どっちにしろ手離すつもりであれば出来れば高く買い取ってもらえるところへ見つけるのがいいと思います。
 手離す切手にとってもその方が、本望だろうと思うからです。