切手を売りたい三兄弟

年賀はがきでお年玉くじの番号を調べると、だいたい毎年切手が当たるので気がつくと意外に貯まっていました。
考えてみると、官製はがきを使うことはありますが、後は電子メールで私製はがきや封書は出さないので年賀珍しい切手を持っていても使わないことに気がつきました。不要な切手は金券ショップで換金できると知って、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、思っていたよりもいい値段で売れたのでうまく不要品処分ができました。
「切手を買い取りに出そう」という時、バラよりも10枚以上の状態の方が高値が付きます。ですが、仮に、「バラしか持ってないよ」という場合でも、高く買い取ってもらえる方法があります。
台紙に貼付する、というシンプルな方法です。どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。
それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。たったこれだけのことで、レートが10%アップすることもありますので頭の片隅に残しておいてください。使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで葉書でなく切手に交換するのがミソです。
買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるように手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう交換しましょう。
そして、売るときには、買い取る店ごとに買取価格はずいぶん違っています。がんばって何軒かの業者に見積をしてもらい、一番高い査定額のお店に買い取ってもらうことを心がけましょう。
良好な状態で保管されていた、昔の記念切手なんかの場合、買い取り価格が思いがけないプライスになることもあるのです。切手がそういった価値のあるものだった時には、一番最初に鑑定をしている「鑑定買取」がいいと思います。
店舗だけではなく、インターネットでもできて、価格が分かった上で、売ろうか売るまいか決定できると思います。梅雨時になると心配なのがカビです。ラッキーなことに今年は被害も少なく掃除が終われるかと思っていたら、父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念切手等、多くの種類の切手のアルバムの束を見つけました。
一見、傷みなどはないように見えますが、この状態でうちで保管し続けたとしても質の低下が心配です。
いずれ近いうちに、買取に出したとしても許してもらえるタイミングになったのでしょうか。
何か記念日があると記念品という形で発売されたり、珍しい切手は発売時期によってそれ自体の流通する量もかなりの振れ幅で上下します。
そのことによって、買取の金額もかなり上下しますので、少しでも高い値段で買い取ってもらうにはどの時点で切手を買い取ってもらうかも大事なポイントです。
知らない人はいないと思いますが、切手というのは元々は、ふつう、郵便物に使う形に切り離されて一枚ずつではないわけです。
初めはその様な切手が数枚まとまった、珍しい切手シートという状態で出来上がります。切手を買取に出すときには珍しい切手シートの状態だったとしても買取でき、ひとまとまりになっていない切手の買取より買取の際に支払われる額が高くなることが多いと思います。
切手を買い取ってもらう時、気を付けるべきことは、悪徳業者の餌食にならないようにするということです。
私たちの専門知識のなさに悪徳業者は目を付けて相場と比べて、買取額をかなり低く提示してきます。
完全に判別することはなかなか大変ですが、事前に、口コミなどもチェックしておくと取引を後悔するような悪徳業者に引っかかることを防ぐことが出来るでしょう。
珍しい切手の付加価値はどのくらいか知りたいところですが、売買需要のバランスによって少しのことで変わっていくのでプライスは一定しないと考えてください。とはいえ、売りたい切手があるときに一円でも高く売りたいと誰もが考えるわけで切手の買取価格をこまめに調べる努力をするか鑑定士の鑑定を定期的に受けるなどを検討してください。普通は、切手は郵便に使うもので、消印が押されて自身の役目を果たすと不要になるものです。
そうは言ってももしも、そんな古い切手も、デザインや希少性から価値のあるものとして認められたときには高値で買い取られるということもあり得ます。
例えば古い珍しい切手は持っているけどどのくらいの価値なのかどうなのかは不明ならば、古切手の買取を行っている業者の鑑定を受けることをおすすめします。