人工妊娠中絶を合法化した「ロー対ウェード裁判」とは?

現在アメリカの各州では、人工妊娠中絶禁止法が続々と可決されています。
それに反対する人たちも多く、アメリカでは国を二分する論争が巻き起こっています。
そもそも、1970年くらいまでは、アメリカの殆どの州では人工妊娠中絶が禁止されていました。
ですが、1970年に、テキサス州でノーマ・マコービーさんという女性が、妊娠中絶の権利を求める裁判を起こしたのです。
本名は出さず、ジェーン・ローという仮名で原告となりました。
ジェーン・ローは、「中絶の権利は女性の基本的な権利である」と主張し、一方ダラス地方検事のヘンリー・ウェードは、「中絶を禁止することで、女性の体と胎児の生命を守る事は州の義務である」として対立しました。
(それで、「ロー対ウェード裁判」という名称がついたのです。
)しかし、連邦地方裁判所がジェーン・ローの主張を支持し、「中絶の殆どを犯罪とするテキサス州法は違憲である」という判決を下し、その後1973年には連邦最高裁判所もこの判決を支持しました。
それで、中絶禁止法は違憲であるという結論に達し、それまでかなり厳しく中絶を禁止していたアメリカでは、条件はあるものの人工妊娠中絶が合法化されるようになったのです。
ですが、その「ロー対ウェード裁判」の判決を苦々しく思い、長年覆したいと活動してきた人たちも多くいます。
その反中絶活動家の悲願は、まさしく再び最高裁でこの判決を覆したいというものです。
保守派の多い州では、前述のように中絶禁止法が可決されていますが、アラバマ州での中絶禁止法はかなり厳しいものです。
その厳しさゆえに、最高裁まで持ち込まれ、その最高裁で決着をつけることを目論んでいるのでは、と言われている程です。
トランプ大統領は、自分も中絶禁止に賛成していることを宣言し、宗教保守派を味方につけている形になっています。
2020年の再選を目指しているトランプにとっては、宗教保守派の票を獲得することは、かなり重要なことだからです。
ところで、「ロー対ウェード裁判」の原告だったノーマ・マコービーさんは、その後80年代から90年代まで中絶の権利を主張する人たちのシンボル的存在として、活動していました。
ですが、その後中絶を禁止を求めていたキリスト教団体と交流を持つようになり、後に中絶反対派の熱心な活動家となりました。
2017年に69歳で亡くなっています。hungarianweb.info