レジ袋の有料化ってほんとに環境問題に貢献してるの?

レジ袋の有料化が全く意味ないとまではいいませんが、いい機会なので、ちょっと考えてみました。
昔から環境問題について語られるときに、レジ袋のことも取り上げられてきました。
たしか、プラごみの海洋投棄を減らすためとか地球温暖化とか、そんな理由だと思います。
でも、専門家に言わせると、レジ袋は環境汚染に殆どなってないらしい。
では、なぜ国を挙げて無償配布禁止を推進しているんでしょうか?
環境問題ももちろん理由にはあると思いますが、コストを回収する目的もあるのかなと思います。
レジ袋って、スーパーで無料でもらえるのが当たり前と思っていますが、あれは店舗側が購入していて、それを無償配布してるんですよね。
そこらへんも理由にあるのかな。
あとは日本は地球温暖化対策では後れをとっているので、世界にやってますよって見せるためとか?と、勝手に思いました。