マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険の申し込みも進められます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金がなくなる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があればその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算してどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得するこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

今後、新築を購入する計画を立てている方、実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのか金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、実際にかかるauじぶん銀行住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。

算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

【PR】 auじぶん銀行住宅ローンは審査が甘い?落ちた人は?